本文へ移動

寄付をする

(2023年08月02日更新)

皆さん、こんにちは!プログラム部の武田めぐみです。2022年3月からトーゴに駐在し、「障害のある子どもの教育支援」プロジェクトの現地事業責任者として活動しています。

レスリングで強さを競う トーゴの「EVALA祭り」

先日、トーゴで7月に行われるお祭り、通称「EVALA(エバラ)祭り」に参加してきました。プロジェクトを実施している北部のカーラ州で開かれる格闘技行事で、各コミュニティで1週間にわたってレスリング大会が催されます。トーゴのカビエ族の成人の儀が起源ともいわれ、多くの男性がレスリングで強さを競い合います。祭りの間は、各コミュニティの格闘技観戦は、トーゴの大統領もヘリコプターを使って訪れるほど。なんだか007のようでした。

写真:お祭り会場。中央右にヘリコプター!

お祭り会場。中央右にヘリコプター!

お祭り会場にDJブース!ダンス大会で「インクルーシブ教育」をPR

そんなお祭り行事に、プラン・インターナショナルの職員が一体何をしに行ったのかというと、、、もちろん格闘技に参加したのではありません。我々は、多くの人たちがいるこの機会にこそ、「インクルーシブ教育」のPRをすべく乗り込んでまいりました!

当日は会場にブースを設け、DJを招き、ダンス大会を開催。勝者には、プランのオリジナルTシャツや帽子をプレゼント!ということで、多くの人々が集まってくれました。さらに、障害のある方々4名もご参加くださり(うち1名は当日の飛び入り参加)、ご自身のこれまでの経験や、障害のある人と共に生きる社会について、「語る!そして踊る!」というまさにインクルーシブなブースとなりました。

プランのブース前にはたくさんの人だかりが

プランのブース前にはたくさんの人だかりが

目の不自由な女の子もダンスに参加

目の不自由な女の子もダンスに参加

プランのブースに集まった人々に、ご自身の思いを熱心に語ってくださった車椅子の男性

プランのブースに集まった人々に、ご自身の思いを熱心に語ってくださった車椅子の男性

ご自身の経験を共有してくださった障害のある男性

ご自身の経験を共有してくださった障害のある男性

お揃いの衣装でダンスを披露する地域の女性グループ

お揃いの衣装でダンスを披露する地域の女性グループ

このプロジェクトでは「インクルーシブ教育」について人々に理解を深めてもらうため、お祭りやイベントなど、さまざまな人が集まる機会を捉え、啓発活動を行っています。
印象に残ったのは、障害のある方たちからの「障害の原因って何でしょう?」や「障害のある子にできる支援は何でしょう?」などの問いかけに、参加者が次々と手を挙げて発言をしている姿でした。

単に啓発活動としてプランから発信するだけなく、参加者からも意見や考えが出る点で、双方向のコミュニケーションをとることができたイベントとなりました。

執筆者紹介

トップへ
$( document ).ready(function( $ ) { $( '#example2' ).sliderPro({ width: 300, height: 200, visibleSize: '100%', autoSlideSize: true, arrows: true, buttons: true, responsive:true, fadeArrows:false, autoplay: false, autoScaleLayers: true, imageScaleMode: 'contain' }); });