ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【活動国詳細】トーゴ

西アフリカにあるトーゴは、細長い小さな国で、首都ロメはガーナとの国境沿いに位置しています。人口の多くを子どもや若者が占めており、多くの人々が農業に従事しています。社会・経済基盤の整備が遅れ、安全な水と衛生施設の利用状況が改善されないなど、とくに農村地域では深刻な貧困問題を抱えています。

小学校の保健委員会

小学校の保健委員会

寄付募集中のプロジェクト

トーゴでのプラン・インターナショナルの活動

国が抱える問題

  • 5歳未満の子どものマラリア、下痢、呼吸器疾患等による罹患率や死亡率が高く、子どもたちの健やかな成長の権利が脅かされていること。また、10代で妊娠する女の子たちが多く、中絶や分娩時の合併症などで命を落としていること。
  • 半数以上の世帯では、清潔な飲料水の利用ができないこと。また、とくに農村地域では、水と衛生に関する環境が整っていないこと。
  • 子どもの権利に対する知識や理解が不十分で、子どもの出生登録やその後のモニタリングが進んでいないこともあり、貧困による児童労働や人身取引が多くみられること。
  • 行政の処理能力不足や地域住民の知識不足により、住民や子どもたちが地域発展に関わる機会が少ないこと。
  • 女性や若者の働く場が十分にないため貧困から抜け出せず、財政の安定には程遠いこと。
  • 災害時や緊急時に、とくに子どもの保護や環境の保全が維持されていないこと。

プログラム別活動概要

1.10代の若者や母子向けの保健サービスの充実

10代の若者や、妊産婦と新生児、子どもに対する保健サービスを改善し、家庭での健康維持や栄養管理、子どもの予防接種、性と生殖の健康に関する情報提供などの保健サービスの充実を図ります。

2.保健知識の向上

安全な飲み水の供給や衛生に関する知識の提供により、子どもたちの健康の維持と管理を支援するとともに、コレラなどの発生予防や早期発見のための情報提供を行います。

3.教育の機会の提供

障がいのある子や女の子も含め、すべての子どもたちが乳幼児保育から初等、中等教育を受ける機会を得られるように、そして途中で学校をやめてしまった子どもたちも復学できるように教師のトレーニングや教育の重要性に関する意識啓発を進めます。また、子どもにやさしい学校運営に向けて、学校改善計画の策定や実施を支援します。

4.家計の安定

家計の安定に向けて女性向けの貯蓄貸付グループを推進します。障がいを持つ子どもの母親の収入創出のための活動を支援します。また、換金作物の生産を奨励することで女性や若者の経済活動の拡大を後押しします。

5.子どもの保護と参加

子どもの人身取引や虐待防止に向けて、地域の住民や子どもたちの主体的な活動参加を促進します。地域や国のさまざまな組織に参加して意見を述べる機会を得られるように子どもや若者たちの能力育成を図ります。また、障がいを持つ子どもたちのために、コミュニティでリハビリができるように支援します。

6.緊急支援

コミュニティの、自然災害や経済危機への対応力を高めるとともに、こどもたち、とくに障がいを持つ子どもや女の子といった弱い立場の子どもたちを守ります。また、災害に強い学校づくりを進めます。

基本データ

首都 ロメ
面積 5万4390km2
人口 730万人(2015年 世界銀行)
言語 フランス語(公用語)、エヴェ語、カビエ語他
宗教 伝統的宗教67%、カトリック18%、イスラム教10%、プロテスタント5%

※出典:外務省ウェブサイト

トーゴ支援活動地図

地図をクリックすると拡大します

プラン・インターナショナルデータ

活動開始年 1988年
チャイルド数 24484人
日本のスポンサーを持つチャイルド数 777人
昨年度プランが活動を行ったコミュニティの数 242
現地事務所 統括事務所: ロメ
# 1031(810)アタクパメ
# 1032(811)ソコデ

※2018年1月現在

統計情報

  トーゴ 日本 コメント
5歳未満児死亡率(1000人当たり) 76 3 日本の約25倍の子どもたちが5歳未満で命を落とす
5歳未満児死亡率の順位 21 179  
安全な水を利用できる比率(%) 63 99 農村部ではさらに低く45%
衛生施設を利用できる比率(%) 14 100 9割近くが衛生施設を利用できない
初等学校の最終学年まで在学する率(%) 54 100  
成人識字率(%) 64 成人の3割以上が読み書きができない
国際貧困ライン1日1.90米ドル未満で暮らす人の比率(%) 54 約半数が貧困ライン以下
出生時の平均余命(年) 60 84  

※出典:ユニセフ世界子供白書2017より

プラン・スポンサーシップ」では、途上国のチャイルド(地域を代表する子ども)と手紙で交流することができます。

  • ※チャイルドをご紹介できない国もあります。

寄付をする すでに選択しています。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン