ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

活動国詳細
南スーダン

南スーダンは2011年にスーダンから独立した新しい国です。しかし40年以上もの間、政治的に激しく揺れ動き、弾圧や紛争が続きました。この内戦は経済発展を遅らせ、多くの人命と生活資産を喪失させ、教育、保健、水などの公共サービスに多大な構造的損傷を与えました。今もなお、南北間の対立は続き、国土全域で開発がほとんどなされておらず、経済・社会インフラも整備されていません。また十分な社会サービスが提供されず、国民の基礎生活環境は著しく悪い状態が続いています。

新しい給水ポンプに集まった子どもたち

新しい給水ポンプに集まった子どもたち

南スーダンでのプラン・インターナショナルの活動

国が抱える問題

  • 学校を修了する子どもたちの割合が低く、学校の校舎や教材が不足し、資格を持った教師がいないこと。
  • 近くに保健所がなく、保健サービスを受けるために徒歩で長距離を移動しなければならないこと。
  • 安全な飲料水がないため、子どもや母親たちが様々な病気にかかり、多くの命が失われていること。
  • HIVとエイズの影響により、孤児や弱い立場にある子どもたちが増加していること。
  • 家庭において食糧が不足し、家計の可処分所得が低いこと。

プログラム別活動概要

1.質の高い教育機会の提供

学校の学習環境の改善、女子教育の普及や就学機会の促進、教育の質を向上させる支援を行います。

2.母子罹患率・母子死亡率の低減

家庭や学校における安全な水へのアクセスの確保やトイレの設置、出産前後の母親へのサービス改善、保健知識に関するトレーニングなどを通して、乳幼児期の病気の発生を減らします。また母親の保健知識を高め、性感染症につながる性行動習慣の変化を促進します。

3.食糧確保と家計の安定に向けた能力開発

貯蓄貸付サービスの提供や、主に若者のための職業訓練の実施、災害に対する自治体や政府の仕組みづくりを推進・支援し、食糧と収入を確保します。

4.コミュニティ・政府の能力強化

制度や市民社会、コミュニティの能力強化を通して、紛争を防ぎ、平和を確立し、よりよい生活を送れるように支援します。

基本データ

首都 ジュバ
面積 64万km2(日本の約1.7倍)
人口 1191万人(2014年)
言語 英語(公用語)、その他部族語多数
宗教 キリスト教、伝統宗教

※出典:外務省ウェブサイト

南スーダン支援活動地図

地図をクリックすると拡大します

プラン・インターナショナルのデータ

活動開始年 2006年(独立前から該当地域にて)
チャイルド数 6500人
日本のスポンサーを持つチャイルド数 29人
昨年度プランが活動を行ったコミュニティの数 47
現地事務所 統括事務所:ジュバ
# 2071(850)ジュバ ランヤ

※2016年11月現在

統計情報

  南スーダン 日本 コメント
5歳未満児死亡率(1000人当たり) 93 3 日本の31倍の子どもたちが5歳未満で命を落とす
5歳未満児死亡率の順位 13 182  
安全な水を利用できる比率(%) 59 100 農村部ではさらに低く57%
衛生施設を利用できる比率(%) 7 100 農村部ではさらに低く4%
初等学校の最終学年まで在学する率(%) 100  
成人識字率(%) 27 成人の約7割が読み書きができない
国際貧困ライン1日1.90米ドル未満で暮らす人の比率(%)  
出生時の平均余命(年) 56 84  

※出典:ユニセフ世界子供白書2016より

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン