ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

活動国詳細
カンボジア

カンボジアは近年目覚しい経済成長を見せている国の一つです。1994年に45%であったカンボジアの貧困率は、2011年にはおよそ20%にまで低下しています。一方で、貧困層の9割が農村部に暮らしているといわれており、発展から取り残されている人々の経済格差が広がっています。また、5歳未満の子どもの死亡率や栄養不良の割合が依然として高いことも課題の一つです。

「教師になって、両親を助けたいです」

「教師になって、両親を助けたいです」

カンボジアでのプラン・インターナショナルの活動

国が抱える問題

  • 農村地域で幼稚園教諭や幼稚園が不足しており、3歳から5歳の子どもたちの幼稚園への就園率が非常に低いこと。
  • 子どもたちの教育の重要性に対する親の理解が低いため、初等教育を受ける機会が制約されていること。さらに、小学校高学年からの中退率が高いうえ、ほとんどの村に中学校がないこと。
  • 農村では、若者向けの雇用機会が不足しており、職業訓練制度が雇用市場で求められているものからずれていること。また、災害や非常事態時において女性は男性に比べより厳しい状況を強いられること。

プログラム別活動概要

1.乳幼児保育

幼稚園の建設や教師の能力開発、衛生教育の推進を通じ、幼稚園と地域を中心とした質の高い乳幼児保育を目指しています。また、保護者を支援するグループの形成やその強化を行い、親業教育を推進します。

2.初等教育の質の向上

学習・指導用教材の支給や、社会的に最も弱い立場にある子どもたちへの奨学金提供、学校内の水・衛生設備の改善等を通じ、初等教育の質の向上に力を入れています。また、学校運営への子どもやコミュニティの参加を促進します。

3.青少年の育成

社会的・経済的に困難な状況にある青年を対象に、雇用市場に合わせた職業訓練への参加を促進しています。また、女性をはじめ社会的に弱い立場にある若者たちが緊急時に対応できるような能力開発に力を入れています。

基本データ

首都 プノンペン
面積 18.1万km2(日本の約2分の1弱)
人口 14.7百万人(2013年政府統計)
言語 カンボジア語
宗教 仏教(一部少数民族はイスラム教)

※出典:外務省ウェブサイト

カンボジア支援活動地図

地図をクリックすると拡大します

プラン・インターナショナルのデータ

活動開始年 2002年
チャイルド数 22612人
日本のスポンサーを持つチャイルド数 1118人
昨年度プランが活動を行ったコミュニティの数 1167
現地事務所 統括事務所: プノンペン
# 6080(781)シェムリアップ
# 5070(782)トボンクモム
# 6100(852)ラタナキリ
# 6120 ストゥントレン

※2017年10月現在

統計情報

  カンボジア 日本 コメント
5歳未満児死亡率(1000人当たり) 29 3 日本の約10倍の子どもたちが5歳未満で命を落とす
5歳未満児死亡率の順位 71 182  
安全な水を利用できる比率(%) 76 100 3割近くが安全な水を利用できない
衛生施設を利用できる比率(%) 42 100 約6割が安全な衛生施設を利用できない
初等学校の最終学年まで在学する率(%) 47 100  
成人識字率(%) 74  
国際貧困ライン1日1.90米ドル未満で暮らす人の比率(%) 6  
出生時の平均余命(年) 69 84  

※出典:ユニセフ世界子供白書2016より

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン