ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【活動国詳細】レバノン

レバノンは中東に位置する国です。1990年まで続いた内戦、2006年のイスラエルとの紛争により国土は荒廃し、情勢は不安定です。シリアやパレスチナから、多くの難民がレバノンへ逃れてきました。そのうち約半数は子どもや若者で、人道支援が必要とされています。社会的・経済的な発展の格差是正が今後の課題です。

プランのセッションに参加した子どもたち

プランのセッションに参加した子どもたち

レバノンでの活動


【活動国データ】

国が抱える問題

  • ジェンダーに基づく暴力が横行していること(家庭内暴力、性暴力、早すぎる結婚など)。
  • 劣悪な環境での児童労働が多いこと。
  • 難民およびホスト・コミュニティの若者が安定した職を得ることが難しいこと。
  • 子どもが十分な教育を受けられないこと。
  • 性と生殖に関する健康と権利に関する知識やサービスへのアクセスが不足していること。
  • プログラム別活動概要

    1.子どもの保護の促進

    ジェンダーに基づく暴力や児童労働などから子どもを保護することを目指し、関係機関と連携した子どもの保護システムを強化します。また、難民の子どもも適切な保護とサービスを確実に受けられるように支援を行います。

    2.若者の参加とエンパワメント

    難民およびホスト・コミュニティの若者の参加とエンパワメントを支援します。また、危険な行動を起こす可能性が高い若者の健全な育成にも取り組みます。

    3.家計の安定に向けた能力開発

    難民およびホスト・コミュニティの若者に対して職業訓練を行い、家計の安定に向けて支援を行います。

    4.すべての子どもたちに対する教育の普及

    難民およびホスト・コミュニティのすべての子どもたちが安全で質の高い教育を受けられるよう支援を行います。特に、学校に通うことのできない子どもや、学校を中途退学する可能性が高い子どもへの支援に力を注ぎます。

    5.性と生殖に関する健康と権利の推進

    若者とコミュニティが、性と生殖に関する健康と権利に関する知識とスキルを持つように支援を行います。また、性と生殖に関するサービスへのアクセスの向上も目指します。

    基本データ

    首都 ベイルート
    面積 1万452km2(岐阜県程度)
    人口 約598万8000人(2016年国連)
    言語 アラビア語(仏語及び英語が通用)
    宗教 キリスト教、イスラム教等18宗派

    ※出典:外務省ウェブサイト

    レバノン支援活動地図

    地図をクリックすると拡大します

    プラン・インターナショナルのデータ

    活動開始年 2015年
    現地事務所 統括事務所:ベイルート

    ※2018年12月現在

    統計情報

      レバノン 日本 コメント
    5歳未満児死亡率(1000人当たり) 8 3 日本の約3倍の子どもたちが5歳未満で命を落とす
    5歳未満児死亡率の順位 142 179  
    安全な水を利用できる比率(%) 92 99  
    衛生施設を利用できる比率(%) 95 100
    初等学校の最終学年まで在学する率(%) 91 100 初等学校就学率は平均91%
    成人識字率(%) 91
    国際貧困ライン1日1.90米ドル未満で暮らす人の比率(%)
    出生時の平均余命(年) 80 84  

    ※出典:ユニセフ世界子供白書2017より

    プラン・スポンサーシップ」では、途上国のチャイルド(地域を代表する子ども)と手紙で交流することができます。

    • ※チャイルドをご紹介できない国もあります。

    寄付をする すでに選択しています。

    写真:プラン・スポンサーシップ

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン
  • youtubeアイコン