ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

「女の子のための教育推進プロジェクト」を開始しました~インド~

インド

教育

(2015/07/09更新)

プラン・ジャパンでは、インドで「女の子のための教育推進プロジェクト」を開始しました。プロジェクトでは、女の子が高等教育を受けてより良い就労につけるよう10年生修了資格試験の合格者増加などに向けて支援します。

写真:インドでも女の子の教育をサポートします

インドでも女の子の教育をサポートします

プロジェクトの背景

インド南東部に位置するアンドラ・プラデシュ州ヴィシャカパトナム県とオディシャ州ケーンドゥジャル県とマユールバンジ県は、インド社会で最も疎外され虐げられた人々であり、少数民族として保護の対象になっている指定部族が比較的多く住む地域です。2つの州とも農村地域の女性識字率は国の平均を下回っています。この背景には早すぎる結婚や中途退学率が高いことがあげられます。指定部族の子どもたち、特に女の子が将来の社会参加を通じて、自分たちの権利を実現するためには、教育へのアクセスを実現することが第一歩です。

10年生修了資格試験の合格を目指す

インドでは、10年生の修了資格の取得が高等教育での教育や就労へのアクセスを左右する重要な鍵となります。中等学校の最終学年である10年生を修了し、修了資格試験という公的な統一試験に合格すると、上級中等学校に進むことができます。

プロジェクトでは、女の子の修了資格試験合格者を増やすために、経済的に困窮する女子生徒を対象に、奨学金を支給します。寮生活を送る生徒の奨学金は学校の銀行口座に入金され、食費、宿泊費、文房具、医療費に使われます。家から通う子どもの奨学金は保護者の銀行口座に入金され、交通費など毎日の通学や勉強に必要な物に使われます。どちらの場合も、奨学金を受け取るにあたっての約束ごとを書面で交わします。

また、合格後の就職支援として、パソコンなど実践的スキルを身に付けるトレーニングやキャリアカウンセリングなども行う予定です。さらに、社会に出て行くにあたり、早すぎる結婚、ジェンダーに基づいた暴力、学校における暴力など具体的な問題を知り、社会に対して自分たちの声を届ける術を学びます。このほか、対人能力や、性と生殖に関する健康、月経時の衛生管理なども学習します。

現地担当者からの声

写真:ラジャン・ヴァディベル/プラン・インドのプログラムコーディネーター

ラジャン・ヴァディベル/プラン・インドのプログラムコーディネーター
「このような支援がなければ、社会経済的に厳しい立場に置かれている子どもたちは教育を続けることができません。プロジェクトを通じて、より良い就職先を見つけるだけでなく、子どもの権利についても学ぶことができます。女の子たちはエンパワーメントを体現するロールモデルとなり、村の人々の意識を変えていくことができます」

写真:ランジータ・ラナ/パートナー団体教育スタッフ

ランジータ・ラナ/パートナー団体教育スタッフ
「日本からの支援に心より御礼をお伝えしたいです。プロジェクトを通じて、子どもたち、特に女の子たちが、10年生を修了するという夢を叶えることができます。そして親の経済的負担を軽くします。また、コンピューターのトレーニングなども含んだ質の高い教育を受けることで、子どもたちのやる気を引き出し、潜在能力を高めることができます」

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。