ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

個々のニーズにあわせて障がいのある子どもたちをケア~インド~

インド

子どもの保護

(2016/05/02更新)

社会問題に翻弄される子どもたちをサポートするプラン・マンスリーサポーター。全国で約1万5000人の方々が支援しています。インドから、医療や福祉などの専門家や家族、地域の人々が連携して障がいのある子どもを支える活動をお届します。

プロジェクトタイトル インド:障がいのある子どもたち
実施地域 デリー市北部の19地域
実施期間 2012年7月~2016年6月
対象 障がいのある子ども約600人と地域住民22万5000人
2015年7~12月の主な活動
  • 「障がい児センター」を拠点にしたリハビリテーション・治療(344人)
  • フォローアップセッションの実施(1321回、8446人)
  • 保護者・地域住民への能力強化(保護者124人、コミュニティボランティア20人)
  • 政府・関係機関との連携強化(1345人が公共の福祉サービスを享受)
  • 「国際障害者デー」の開催(537人の障がいのある子どもが参加)
活動のハイライト 2015年7月から12月の半年で344人が2カ所の「障がい児センター」に新たに在籍することになりました。その後、それぞれのニーズにあった個別の支援計画が作られました。「国際障害者デー」では2014年に引き続き、子どもたちが主役となり楽しいイベントが開催されました。また、年長の子どもがいる保護者たちに対して、ジェンダーや思春期との向き合い方について専門家がトレーニングを実施しました。

コミュニティボランティア研修/©プランジャパン

コミュニティボランティア研修/©プランジャパン

親を対象とした意識啓発活動/©プラン・ジャパン

親を対象とした意識啓発活動/©プラン・ジャパン

喜びをテーマに行った「国際障害者デー」のイベント/©プラン・ジャパン

喜びをテーマに行った「国際障害者デー」のイベント/©プラン・ジャパン

歌と踊りを披露する子どもたち / ©プラン・ジャパン

歌と踊りを披露する子どもたち / ©プラン・ジャパン

「障がい児センター」で足の筋肉収縮のリハビリを受ける子ども / ©プラン・ジャパン

「障がい児センター」で足の筋肉収縮のリハビリを受ける子ども / ©プラン・ジャパン

「障がい児センター」で膝立ちのリハビリを受ける子ども / ©プラン・ジャパン

「障がい児センター」で膝立ちのリハビリを受ける子ども / ©プラン・ジャパン

地域のアドボカシーグループへのトレーニング / ©プラン・ジャパン

地域のアドボカシーグループへのトレーニング / ©プラン・ジャパン

コミュニティボランティア研修/©プランジャパン

喜びをテーマに行った「国際障害者デー」のイベント/©プラン・ジャパン

喜びをテーマに行った「国際障害者デー」のイベント/©プラン・ジャパン

歌と踊りを披露する子どもたち / ©プラン・ジャパン

「障がい児センター」で足の筋肉収縮のリハビリを受ける子ども / ©プラン・ジャパン

「障がい児センター」で膝立ちのリハビリを受ける子ども / ©プラン・ジャパン

地域のアドボカシーグループへのトレーニング / ©プラン・ジャパン

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。