ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

実話をもとにしたストーリー

『水汲み』から解放されて、学ぶことの楽しさを知った!

(ルディビナさん/東ティモール)

STORY 7

STORY 7

私の朝は、水汲みから始まる。9歳の私、7歳の妹と6歳の弟の3人でポリタンクを持って家を出る。沼地を抜け、険しい山道をのぼり、背の高い草をかき分け、遠い道のりを歩く。断崖絶壁に着く頃、ようやく朝陽が昇り始める。私が住む国は東南アジアの東ティモール。現地の言葉で『太陽が昇る場所』という意味だ。朝の光を受けて、この崖に立つ瞬間がいちばん怖い。いつも足がすくむ。でも私はなるべく明るい声で妹と弟に言う、「すごく急だから、気をつけて、ゆっくり下りるのよ!」

私は綺麗な水を探す。やがて辿り着いた浅瀬。3人でしゃがんで水を汲む。帰りは行きより大変だ。

10リットルのポリタンク、細い腕には重すぎる。でも水がなければ私たち家族は生きていけない。きょうだいで力を合わせ、崖をよじ登る。なんとか家に帰りついた頃にはヘトヘトだ。

イラスト:私の朝は、水汲みから始まる

学校に行く気力も体力も失われてしまっている。それでも私は歯をくいしばって学校に行く。一日の間で水汲みに奪われる時間と体力。そのせいでやっぱり満足に学校生活を送ることはできない。でも学校はやめたくない。学校をやめれば早すぎる結婚が待っている。プラン・インターナショナルによって送水ポンプが作られたとき、私はうれしくて天にも昇る気持ちだった。

「ああ、もう水汲みしなくていいんだ!」

私の生活は変わった。疲れていないので歌を歌いながら学校に通える。友達とも遊べる。家の裏の畑も水で潤い、とれた野菜が売れるようになった。安全な水を飲み、トイレの後、石鹸で手を洗えるようになり、お腹をこわすこともなくなった。学ぶための環境が、やっとそろった。私がいちばんうれしかったのは、放課後の英語教室に毎日参加できること。今では学校でいちばん上手に英語が話せるようになった。

「遠くまで水を汲みに行かなくてすむようになって、私は幸せです」

プラン・インターナショナルの人にそう英語で話すと、笑顔で喜んでくれた。

断崖絶壁の上からではなく、今は家の畑から朝陽を眺める。毎朝私は太陽に挨拶をして、元気に学校に向かう!

イラスト:水汲みから解放されて、学ぶことの楽しさを知った!

写真:ルディビナさん

女の子たちの輝く未来のために

ルディビナさんが暮らす東ティモールは、2002年に独立したまだ新しい国です。特に山間部では、水道設備がなく、安全な水を求めて長い距離を歩かなければなりません。しかも、その仕事は主に若い女の子の役目とされています。
プラン・インターナショナルは、そんな地域にシンプルな給水設備を設置。女の子たちを水汲みから解放することで、彼女たちの人生の選択肢を増やそうとしています。

寄付についてのお問合せ・資料請求

プラン・インターナショナル・ジャパンへの寄付は寄付金控除の対象となります。

TEL:03-5481-0030(平日9:00~17:30)
E-mail:hello@plan-international.jp

Because I am a Girl Facebook

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • メールアイコン
  • youtubeアイコン