ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【参加募集】東京マラソン2020チャリティ~チャリティランナーたちの思い 2~

イベント

(2019/06/19更新)

一般チャリティランナーとプランのアクティブチャリティのお申し込み受付を終了しました。クラウドファンディングの受付は7月22日(月)より始まります。

プラン・インターナショナルは、今年で9回目となる東京マラソン2020チャリティの寄付先団体に選ばれました。これまでにプランのチャリティランナーとして900人が、東京を駆け抜けてくださいました。

途上国の女の子たちの「生きていく力」のために
プラン・インターナショナルのチャリティランナーになりませんか。

ランナー募集のご案内はこちら

プランのチャリティ事業では、これまで毎年ひとつの国を支援先としてプロジェクトを行ってきました。その国に思い入れのある方、つながりのある方、行ってみたい国のひとつにされていた方。今回はそれぞれの国への思いを持ったチャリティランナーの声を紹介します。

チャリティランナーの声

2019年 ベトナム少数民族の女の子たちへの思い

写真:東京マラソン2020チャリティ

  • 継続は力か?他者への思いと自己のエゴは両立するか?自己満足ですが、私の思いが ベトナムの子どもたちに届いて欲しい。(M.S様)
  • ベトナムで事業を展開しております。ベトナムの皆さんに少しでも思いが伝われば幸いです。(M.K様)
  • 仕事で深いつながりのあるベトナムに、趣味を通してささやかな貢献をしたいと思います。(S様)
  • すべての人によりよい地球にしたい、そのサポートをしたい。少数民族の女の子が地域のリーダーとなれるようサポートしたい。(Y様)
  • 東京マラソンチャリティのチャリティプログラムは、チャリティへの思いを確実に伝えてくれると期待しています。マラソンにむけて練習する間、そしてマラソン当日、子どもたちの幸を願いながら走りたい。(M.N様)
  • I’m running for better future for Vietnamese girls.(M.K様 イギリス)
  • To donate for the better education of ethnic minority girls in Vietnam.(L.L様 フィリピン)

2018年 バングラデシュのスラムに住むお母さんや子どもたちへの思い

写真:東京マラソン2020チャリティ

  • スラムで生きる子どもたちがすてきな大人に育ってくれますよう、切なる願いを込めてチャリティに参加いたします。(T.K様)
  • この地球の将来を担う子どもたちに、自分が東京マラソンを走ることで「やればできる」という気持ちと、ほんのわずかながらではありますが支援活動のお力になれればと思い応募しました。私にフルマラソンを走る素晴らしい機会をくださり感謝したいと思います。ありがとうございます。(S.N様)
  • I chose to run as a charity runner to raise awareness and help children and women who are disadvantaged, and deserving of a better life.(E.B様 アメリカ合衆国)
  • I have travel extensively through countries in South East Asia where a big part of the population lives in slums and I consider it a privilege to be able to run the Tokyo Marathon to support Plan International Japan and make a difference.(D.L様 メキシコ)

2017年&2016年 インドのカースト制度で差別されている女の子たちへ

写真:東京マラソン2020チャリティ

  • インドのカースト制度で差別されている貧困世帯の女の子たちに奨学金を支給できる!素晴らしいことです。(T.S様)
  • インドには仕事柄たびたび訪れる機会があります、経済発展が目覚しいと言われているインドですが、その中で取り残されている人たちが多くいるのが明らかに街を歩いていても思います。少しでも生活向上の術を身につけて負の連鎖から抜け出せることを願っております。(S.I様)
  • 女性が輝ける社会にしたい、女性の人権を尊重したい。そんな思いから、チャリティランナーへの参加を決めました。(M.N様)
  • インドの学力は大変優れているのに、貧困や女性を理由に学ぶことができないことに悲しさを感じます。 この制度が改善され貧困であっても、思うがままに学ぶことができ貧困から抜け出すことができることを祈ります。(C.Y様)
  • 貧しくとも負けるな、世界は見守っているよ。インドの女の子たちへ。(T.N様)
  • インドで頑張る女性を応援したいです。努力は報われると思うので、ぜひ世界で活躍してほしいです。そんな女性たちのために僕は完走したいと思います。(A.O様)
  • 職業柄、開発途上国の経済発展や教育問題を学生に教えているので選択した。インドの若者がアイデアと熱意で社会的問題の解決に役立つモノ作りを出来るようになることを望む。(K.T様)

日本への思い

  • 東京オリンピックにむけ、東京はもとより日本が、さらに笑顔と助け合いの溢れた素敵なよい国になり、それが輪となり、世界中に広がってほしいです。そして、世界で少しでも差別がなくなり、当たり前のことができ続けられるようになってほしいからです。(K.N様 2017年)

プランは東京マラソン2020チャリティにおいて “世界の女の子に、生きる力を。教育や自立を支援して早すぎる結婚にNO!”、女の子たちが「生きていく力」を身に付けるための活動を、世界ネパール、エチオピア、グアテマラの3か国で実施します。

途上国の女の子たちの「生きていく力」のために
プラン・インターナショナルのチャリティランナーになりませんか。

ランナー募集のご案内はこちら

写真:東京マラソン2020チャリティ

チャリティランナー(先着順 3700名)
7月2日(火)14時30分 受付を終了

  • ※東京マラソン2020チャリティ公式ウェブサイトよりお申し込み。お申し込みは下記よりお願いします。
    https://www.marathon.tokyo/charity/

アクティブチャリティランナー(先着順 1000名)
プランのアクティブチャリティ受付終了

  • ※現在お申込みされている方への結果は8月2日までにお知らせいたします
  • ※プラン・インターナショナルは東京マラソン2020チャリティ事業の寄付先団体です。
    東京マラソン2020チャリティ公式ウェブサイト https://www.marathon.tokyo/charity/

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン