ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

講師派遣と事務局訪問

小学校、中学校、高校、大学、大学院、地域の研修会、団体への講師派遣を行っています。座学、ワークショップ、映像などを通して、貧困からの脱却のキーパーソンでありながらさまざまな困難に直面する途上国の子どもたち(特に女の子)や女性を取り巻く問題、プラン・インターナショナルの取り組み、Because I am a Girlキャンペーン、ジェンダー平等、SDGs(持続可能な開発目標)などについて理解を深め、解決に向けたアクションについて考えます。国際理解教育や総合学習、研修会などにご活用ください。

プラン事務局を訪問しよう

講師派遣

派遣日・授業時間 月~金曜日(祝日を除く)
対象 小・中学校、高校、PTA、大学、大学院、団体など
講師 プラン・インターナショナル職員もしくはプラン・フレンズ
申込方法・費用
  • 講師派遣仮申込書
    必要事項をご記入の上、ご希望日の6週間前までに、Eメールアドレス:education@plan-international.jpまでお送りください。内容を確認させていただいた後、1週間以内をめどにご連絡いたします。
  • 派遣日および事前準備にかかる人件費として、可能な範囲内での謝金にご協力ください。また、出張(片道100km以上の移動)を伴う場合は、別途交通費、宿泊費(必要な場合)の実費をご負担いただいております。
お願いとおことわり
  • 授業は1日2回までとさせていただいております。学校で複数クラスを対象とする場合は、調整をお願いいたします(例えば、4クラスの場合は2クラス合同の授業を2回)。
  • 可能な限り事前学習を行い、派遣前までに質問をお寄せください。また後日で結構ですので、参加された方の感想をお寄せください。
  • 小学校での授業はプラン・フレンズが担当します。
  • 講師の調整がつかない場合は、派遣をお断りすることがあります。あらかじめご了承ください。

事務局訪問

受入日・授業時間 月~金曜日(祝日を除く)の10:00~12:00または13:30~16:00の間の1時間半
対象 中学校、高校
講師 プラン・インターナショナル職員もしくはプラン・フレンズ
受入人数 8人以上36人まで
申込方法・費用
  • 事務局訪問仮申込書
    必要事項をご記入の上、ご希望日の6週間前までに、education@plan-international.jpまでお送りください。内容を確認させていただいた後、1週間以内をめどにご連絡いたします。費用は無料です。
  • 担当の先生から直接お申し込みください。(旅行代理店経由のお申し込みはお受けしておりません)
お願いとおことわり
  • お受入れが決まった後の参加人数の大幅な変更はご容赦ください。
  • お受入れさせていただくにあたり、以下のアクションにご協力ください。アクション終了後は、アクション実施報告書にご記入の上、ご訪問以降の最初の3月末までに、education@plan-international.jpまでお送りください。(既にアクションに参加されている学校は結構です)
    【必須】 (※ご参考:紹介資料のご案内
    ・広報・啓発活動(ポスター掲示、パンフレットの配布、校内での学びの共有など)
    【任意】 (※ご参考:参加をする学校として活動に参加
    ・DVD自主上映会、ファンドレイジング・募金(生徒会、文化祭・学園祭、その他イベントなど)
    ・書き損じはがき・未使用はがきキャンペーンへのご協力(キャンペーン期間:12月~2月)
    ・夏休み読書感想文コンクールへの参加(応募期間:6~9月)
  • 可能な限り生徒さんへの事前学習を行い、ご訪問前までに質問をお寄せください。また、後日で結構ですので、生徒さんの感想をお寄せください。
  • 講師の調整がつかない場合、会議室(職員と共用)が空いていない場合は受け入れをお断りすることがあります。また、空室状況によってはご希望人数全員の受け入れが難しい場合があります。あらかじめご了承ください。

参加者の声

  • 「世界には私たちの知らないところで苦しんでいる女の子たちがいることや、達成しなければならない課題がたくさんあることに気づきました。それを思うだけでなく、解決するために実際に行動に移していきたいと思います。また、一部の人だけではなく、全員が行う環境をつくるために、今回学んだことをたくさんの人に広めていきたいです」(中学2年生/愛知県)
  • 「生々しい現実と想像以上の女の子の苦しみを、今回の講義を通して知ることができました。生まれた土地の慣習によって早く結婚・出産すること、発言権をもたない存在になってしまうことは、女の子たちの尊厳を傷つけていると思います。こうした状況をなくすためにも、貧困の改善と女子教育は欠かせないと強く感じました」(高校2年生/石川県)
  • 「日本の家族のあり方や環境について疑問に思うことはたくさんあるけれど、それは恵まれているからこその悩みなんだと強く感じました。私は将来、施設や病棟で保育士として働くことを考えています。フィールドは違っても、社会的弱者と呼ばれる人や子どもたちのために自分にできることを精一杯やっていきたいと改めて思いました」(大学4年生/東京都)
  • 「日本はなんて恵まれているのだろう。偉大な先人一人ひとりの努力で今日があるということを噛みしめました。世界には女の子が生きにくい地域がこんなにあるとは知りませんでした。女性が元気だと社会が元気とはよく聞きますが、納得しました」(社会人男性/東京都)
  • ※プラン・フレンズとは(ウェブサイトへ
    事務局を訪問する生徒の対応や、学校への出張授業などで講師を務めるプラン・インターナショナルの開発教育ボランティアです。講義やワークショップを通して、途上国の子どもの現状やプラン・インターナショナルの取り組みについて伝えます。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

開発教育担当
TEL:03-5481-0030(平日9:00~17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:education@plan-international.jp

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン