ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ネパール大地震緊急支援~子どもひろばを開設~

ネパール

緊急支援

(2015/05/08更新)

寄付の募集を締め切りました。ご支援いただきありがとうございました。

プランは、地震で大きな被害をうけたカトマンズ盆地の地域5カ所で子どもひろば(子どもにやさしいスペース)を開設しました。子どもひろばは、子どもたちが日常生活を取り戻し、被災体験を乗り越えるうえで重要な役割を果たします。

被災した子どもたちが笑顔を取り戻す場所

写真:子どもひろばでのびのび

子どもひろばでのびのび

写真:みんなで遊んで元気を取り戻します

みんなで遊んで元気を取り戻します

災害時には、子どもたちは見過ごされやすく、搾取や暴力の対象にもなりえます。地震の被害により多くの家族が屋外で生活しているなかでは、子どもたちは特にぜい弱な立場におかれます。子どもたちが安全で心から安心できるスペースで遊べることは、大地震で受けた強い衝撃からいやされる第1歩です。今回開設された子どもひろばでは、1000人近い子どもたちの利用が見込まれています。研修を受けたボランティア18名が運営を担い、ゲームや歌、ダンスやアートなど様々なレクリエーション活動を用意します。

ボランティアはプランの専門家と連携を組み、専門的な心理的支援を必要としている子どもたちを専門機関につなぐ役割も果たします。また子どもだけにかぎらず、親や地域の人々が保健衛生、子どもの権利と保護の必要性について知る場所にもなります。

プランは、さらに被災地域で100カ所の開設を目指して、調整を行っています。

仮設の学習スペースを設置

ネパール教育省の報告では、国内の教室1万4500室以上が全壊、9000室以上が半壊しており、約95万人の子どもたちが学校に通えない状況にあります。プランは政府や他の関係機関と協力して、学校に通うことのできない子どもたちのために、仮設の学習スペースを設置する計画を進めています。

ネパール大地震緊急支援へのご協力をお願いいたします。

写真:貼り出された一日の予定表

貼り出された一日の予定表

写真:食事や飲料水も提供されます

食事や飲料水も提供されます

写真:初日から大勢の子どもたちが集まりました

初日から大勢の子どもたちが集まりました

写真:安全について話し合う女の子グループ

安全について話し合う女の子グループ

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。