ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

インドネシア

インドネシアからの動画

インドネシアのソエ活動地域よりコミュニティ情報の動画が届きました。プランの関係者がコロナ禍でのプランの支援活動内容について伝えてくれました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)インドネシア ソエ活動地域 コミュニティの情報 / プラン・インターナショナル

インドネシアからの手紙

親愛なるスポンサー様

2020年4月28日

こんにちは。私は村の中学校の教員、Fransiskus X Rahaz (41才)です。私は2017年から公立学校の教員を続けています。
私は学校勤務のかたわら、村のコミュニティ・ボランティアとして働いています。プランでは846人のチャイルドの中で、男子79人、女子85人、計164人のチャイルドを担当しています。新型コロナウイルス(COVID-19)の流行以来、コミュニティの住民は感染の不安に苦しんでいます。政府は子どもたちの外出禁止を発令しました。子どもたちは健康に留意して、担任の先生から出された宿題や課題を勉強しています。住民は「手洗い用の石けん」や「水」を手に入れる事ができます。住民は外出禁止、マスクの装着、身体的距離(フィジカル・ディスタンス)の順守、大人数の集会禁止等が義務付けられています。また、コロナ感染の予防をしながら伝統的な儀式を行っています。

写真:お手紙

※画像クリックで拡大します

けれども、家庭での勉強には難しい課題があります。学校に比べて授業時間に大きな差があります。教員と生徒の関係が希薄になります。子どもたちの遊ぶ時間が増え、勉強する時間が短くなります。また新型コロナウイルス(COVID-19)の流行は、家族の経済にも大きな影響をもたらしています。
薪、バナナ、キャッサバなどの販売が難しくなりました。日常の食料品価格が大幅に高騰し、逆にさきほどあげたような品物の価格は低下しました。村の経済活動は苦境に陥っています。村の市場も閉鎖され、すべての商売が休止状態です。新型コロナウイルス感染症の流行が早く終息し、人々が元の生活に戻れるよう願っています。
地球上で感染が終息するために私たちすべてに求められている課題は「支え合い」「祈り」「チームワーク」です。私たちや私たちの家族を新型コロナウイルス(COVID-19)から守るために、プランを通じてスポンサーの皆さまのご理解とご支援を願っております。私たちは村の子どもたちと一緒に、スポンサーご家族の皆さまのご健康を祈っております。私たちは新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行が早くおさまり、日常生活に戻れるよう願っています。
あなたの国ではどのような状況でしょうか?

Fransiskus X. Rahaz(コミュニティ・ボランティア)

写真:インドネシア

写真:インドネシア

  • ※「プラン・スポンサーシップ」でプラン・インターナショナルとともに活動し、村を代表してその成果を私たちに伝えてくれる子どもたちを“チャイルド”と呼んでいます。スポンサーになると、チャイルドとは手紙などで交流できます。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト
  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン