ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

セネガルからの手紙

親愛なるスポンサーの皆さま

こんにちは。私はコミュニティ・ボランティアのMalick Barra Niangです。
このお手紙で、プラン・インターナショナルの支援のもと、地域で子どもたちとコミュニティが、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行と感染拡大を抑えるために展開している活動と取り組みについてお伝えしたいと思います。でもその前に、皆さまが私たちを助けるためにしてくださるすべてのことと、世界が立ちむかっている困難な状況を乗り越えるためにご支援してくださることに感謝します。

感染の流行が宣言されて以来、私たちのコミュニティでは住民や若者、コミュニティ・ボランティアたちがウイルスの拡大を防ぐための効果的な方法を確立するため、プランとともに取り組んできました。家族向けの意識啓発促進や権利保護の大切さを訴える活動など、さまざまな取り組みを実行してきました。このことは参加者たちに感染流行の重大さと、それによりもたらされる悪影響について気づかせることになりました。

写真:お手紙

※画像クリックで拡大します

M. Niang(9歳、小学校4年生)の声:
「私たちのコミュニティでは、プランの支援のおかげで、家族は簡単で利用しやすい手洗い設備を使っています。プランは私たちに病気にかからないよう習慣的に石けんで手を洗い、家でもマスクをするなどのアドバイスをしてくれました」

私たちの暮らすコミュニティでは、まだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染は報告されていません。感染の危険から守るため、若者たちは保護と予防手段についての意識啓発を促すため、人々と力を合わせてきました。コミュニティラジオの番組では近隣の若者たちが予防措置に厳格に従うよう人々に要請し、病気の深刻さを伝えました。

ダーラ(イスラム教の導師がコーランを教える非公式の学校)には手洗いの設備とお米が届けられ、教師たちは家が遠く家に戻ることができなかった生徒たちを学校にとどめて置くよう要請されました。市場には、コミュニティのすべての公共の場所と同様に、手洗い装置が設置されました。

DOUDOU NIANG(56歳、コミュニティのリーダー)の声:
「私たちは今、新型コロナウイルス(COVID-19)による病気の発生で非常に困難な状況にあります。リーダーとして意識啓発促進に協力して取り組んでいます。私たちはプランの継続的な支援活動にとても感謝しています」

親愛なるスポンサーの皆さま、交流の再開を楽しみにしながら、ここで失礼いたします。コミュニティのすべてのチャイルドからのご挨拶をお受け取りください。またすぐにお手紙でお目にかかれますように。感謝を込めて。

Malick Barra Niang (コミュニティ・ボランティア)

写真:セネガル

写真:セネガル

  • ※「プラン・スポンサーシップ」でプラン・インターナショナルとともに活動し、村を代表してその成果を私たちに伝えてくれる子どもたちを“チャイルド”と呼んでいます。スポンサーになると、チャイルドとは手紙などで交流できます。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト
  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン