ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

[特集]女性性器切除(FGM)を知っていますか

死に至ることもある有害な慣習、女性性器切除(FGM)。
プラン・インターナショナルは、FGMの根絶を目指して活動を続けています。

死に至ることもある有害な慣習、女性性器切除(FGM)。
プラン・インターナショナルは、FGMの根絶を目指して活動を続けています。

女性性器切除(FGM)とは

女性性器切除(Female Genital Mutilation、以下FGM)は、アフリカを中心に約2000年前から行われている慣習で、女性の外部生殖器の部分的または全体的な切除をするものです。現地では大人の女性になるための通過儀礼とされ、結婚の条件にもなっている地域もあります。

しかし医学的な根拠はまったくなく、施術を受けた女の子は一生健康被害に苦しむことになります。

写真:女性性器切除(FGM)とは

短期的な影響

  • 激しい痛みや高熱に苦しむ
  • ときには出血多量により死に至る

長期的な影響

  • 生理不順、性行為の際の激痛
  • うつやPTSDといった精神的疾患

FGMを受けた女の子は、人生を健康で幸せに過ごす権利を幼いときに奪われ、
侵害され続けることになります。

FGMをなくすために 各国での活動

プランは、有害な慣習であるFGMの根絶に向けて、各国で活動しています。

「女の子クラブ」が親や地域の意識啓発を促す

家や地域の「名誉を守る」という名目で長年FGMが容認されてきたスーダン。若者たちの力で、地域の未来を変えていく活動が行われています。

写真:アランツァさん16歳(写真左)

法規定以外に必要な「教育」

FGM施術が「成人の儀式」にあたるとされていた地域で、プランは地域の人々とともに代替儀式を行っています。協力関係を築き、地域の人々自身が変化の主体となる後押しをしています。

写真:法規定以外に必要な「教育」

法で規制されても、水面下で広く続けられるFGM

スーダンでは2020年4月、FGM犯罪とする刑法の改正が行われました。しかし、根深い迷信と誤解により、FGMを必要なことだと考えている人がまだ多くいます。

写真:法で規制されても、水面下で広く続けられるFGM

「地域での話し合いプロジェクト」の立ち上げ

FGMのような、伝統的な慣習について意見することすらタブーとなっている地域においては、人々が話し合う場をつくることが挑戦の第一歩です。

写真:「地域での話し合いプロジェクト」の立ち上げ

「私はFGMをなくす使者」

村の長老たちを対象としたプロジェクトでは、伝統的に強い指導力を持つ長老議会の男性たちがFGMをなくそうと立ち上がりました。アフリカ社会において革新的な意味を持ちます。

写真:「私はFGMをなくす使者」

動画での紹介記事

地域の人々がFGM根絶に向けた活動に取り組んでいる様子を、動画でご覧いただくことができます。

「有害なことだと知り、目が覚めました」

中央アフリカ共和国では、法律で禁止されてもFGMが行われています。「娘の名誉を守るために」と施術を受けさせる大人たちに、 FGMがもたらす影響を伝える啓発活動を行っています。

写真:【動画】女性性器切除(FGM/C)の根絶~中央アフリカ共和国~

元施術者たちによるFGM撲滅宣言

FGMが続いてきた背景には、施術者の存在があります。有害性を知った施術者たちが施術ナイフを手放し、FGMをなくすことを公に宣言する集会が開かれました。

写真:元施術者たちによるFGM撲滅宣言

9歳でFGMを受け、合併症に

漠然と「清めて」もらうことを楽しみにしていたというサフィアさんは、 9歳のときに施術を受け心身に傷を負いました。正しい知識を得て、今ではFGMを撲滅するための活動に取り組んでいます。

写真:【動画】体験者が語る女性性器切除~ノルウェー~

大人たちを動かした4歳の女の子の死

ギニアでは、4歳の女の子がFGMによって命を落とした事件をきっかけに、多くの村々で問題への取り組みが広がっています。FGMをなくそうと力を尽くす人々の姿をご覧ください。

写真:【動画】女性性器切除が奪うもの<大人たちを動かした4歳の女の子の死>~ギニア~

2月6日は「国際女性性器切除(FGM)根絶の国際デー」

2月6日は、国連が制定した「国際女性性器切除(FGM)根絶の国際デー」 です。プランは毎年この日に合わせ、さまざまな情報発信を行っています。

FGM/Cを廃止すべき理由

施術を強制された女の子や、生活のために施術者になった女の子。プランは当事者たちの立場に寄り添い、ともにFGM撲滅への活動をすすめています。

写真:2/6は国際女性性器切除(FGM/C)根絶の日~シエラレオネ、ケニア~

2億人の女の子と女性がFGMを経験

世界30カ国で2億人の女性が受けていると言われるFGM。背景にはジェンダー不平等があります。妻となる資格を得るためにFGMを受けるべきという考え方には、男性への女性の従属性が見え隠れします。

写真:2/6は国際女性性器切除(FGM/C)根絶の日

FGMは国際社会が認める人権侵害

FGMは、国際的に女の子と女性の人権侵害として認識されています。各国の法令などでも禁止されていますが、伝統的な慣習法が優先されている現状があります。

写真:2月6日は女性性器切除(FGM/C)根絶の日~エチオピア~

感染症の影響でFGM増加の懸念

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、子どもたち、特に女の子たちに大きな影響を与えました。FGMの増加も懸念されています。

学校閉鎖中に狙われる女の子たち

新型コロナウイルス(COVID-19)による学校閉鎖は、FGMの施術を行う時間を生み出してしまいました。プランは、パンデミックの影響が、FGMの施術増加につながることを危惧し、強く警鐘を鳴らしています。

写真:学校閉鎖中に狙われる女の子たち

「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクト報告

プランでは、ガールズ・プロジェクトの一環として、「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクトを実施しています。

活動レポート

プラン・ラウンジ 職員による活動報告

「当事者たちの揺れ動く気持ちや考えと向き合いながら、地域の人々と関係性を築き、目的を一つにしていく過程が大切」。スタッフが、支援のポイントについてご説明しています。

写真:【開催報告】プラン・ラウンジ7月 オンライン活動紹介「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクト

時間をかけた取り組みが必要

FGMは「持続可能な開発目標(SDGs)」のなかでも、 2030年までに撲滅する目標のひとつとして定めてられいます。しかし伝統に根付いたFGMの根絶は簡単なことではありません。コミュニティの人々がよく話し合い、どうするのがいいのかを決めていくプロセスが重要です。

写真:学校で活動する「切除をしない女の子」グループ

地域に寄り添った活動を続けることで、
古くからの慣習を、自らが納得して根絶していく。
時間をかけた取り組みをプランは引き続き支援していきます。

写真:ガールズ・プロジェクト

女の子の問題を解決

ガールズ・プロジェクト

毎月1000円~

寄付をする すでに選択しています


国際NGOプラン・インターナショナルについて

プラン・インターナショナルは、子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために世界70カ国以上で活動する国際NGO。創立は1937年。長年にわたり、子どもや若者、地域の人々とともに地域開発を進めてきました。すべての子どもたちの権利が守られるよう、とりわけ女の子や女性への支援に力を入れています。

写真:プラン・スポンサーシップ

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト
  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン